業者選びについて

ホーム業者選びについて

後悔しない塗り替えのために

お客様が一番悩まれているのが業者選びかと思います。


「高いのか?安いのか?」
「手抜き工事をされたらどうしよう」
「きちんとした仕事をしてもらえるだろうか」
「安いけど長持ちするのか?」

などさまざまな疑問や不安をお持ちでいらっしゃいます。
 


まずは信頼出来そうな業者さんに見積書を作ってもらいましょう。
業者さんによって、事細かに書かれており明確なものもあれば、大体の項目と金額だけ書いてあるものもありさまざまです。

何社か相見積もりをし、比較するとそれぞれの違いがわかるかと思います。

 

                             

どの会社形態の業者を選ぶのか?

会社形態によってメリット・デメリットはそれぞれあるかと思います。

 

●大手ハウスメーカー・リフォーム会社など
自社に塗装職人をかかえているわけではなく、ハル塗装のような小さな塗装専門店に安く工事を頼むことがほとんどです。

実際に施工するのが孫請けの職人さんであることも多く、中間マージンが発生します。
その他、営業の人件費や広告の宣伝費、会社運営費などの経費がかかるため割高になることが多いです。
しかしその分、大手さんにはネームバリューによる安心感や、施工実績の多さから、何かあったときの対応に慣れているなどのメリットもあるかと思います。


●直接施工店
その名の通りお客様から直接お仕事をご依頼いただく形です。

そのため中間マージンがなく、適正価格にて塗り替えることができます。
初めから施工者と話をするため話が通っていないなどのトラブルも防ぐことができます。

ただ、塗装技術の面で満足のいく施工がされるかについては見極めが難しいことと思います。

一つの目安として
塗装技能士の資格
施工事例
お客様アンケート
などを見て、安心して任せられるのか確認する必要はあります。

この点では大手メーカーさんに関しても、同じことが言えます。
どの業者が来るのかは分かりませんから、よく調べて検討することは必須です。


お客様によって重視するところも違うので一概にどの形態の会社が良いとは言えないところではありますが、
職人目線からしますと外壁塗装は10年に1回のお家にとって大切な工事ですのでお金のかけどころを間違えないでほしいといった気持ちがあります。


例えば、大手メーカーと直接施工店で相見積もりをしたとします。
たいがい大手メーカーさんの方が高額となりますが、仮にどちらもあまり変わらない金額だとします。
その場合、塗料・塗り替えのための人件費など、「お家の塗り替え自体」に多くお金をかけられるのはどちらだと思いますか?


答えは直接施工店であると言えます。



                    

直接施行店が選ばれる理由

メーカーを介して仕事を依頼するのと、直接施工店に中間手数料なく依頼するのでは施工の品質が変わります。

それは大手メーカーさんから下請け業者が依頼された仕事は「予算」で仕事をするためです。

下請け業者は30円弱の請け負い金額の中で仕事をすることが多いです。
そのために安い塗料を使い、下塗りと中塗りの2度塗りで終わらないと赤字になってしまうというのはよく聞く話です。

また、下請け業者に流れる仕事は一棟の金額が驚くほど安いことも少なくないため、月に何棟もこなさなければならず、一棟でも多くこなすためにどうしても丁寧な仕事が出来なくなるのです。
それでは高価格・低品質の塗り替えということになってしまうのです。

無駄な費用がかからず低価格で高品質の塗り替えが出来る」直接施工店が選ばれる理由はここにあります。

大手メーカーさんは確かに安心感があるかと思います。
しかし、塗装の品質にこだわり続けているハル塗装のような小さな直接施工店にも目を向けていただき、お客様の選択肢の一つとして考えていただけたならこんなに嬉しいことはありません。 

 

 

お見積りから工事完了まで責任を持ってお仕事させていただきます。
正確かつ丁寧な施工をお約束いたします。



            


お電話でのお問い合わせ

0466-63-8686


メールの方は下の
 お問い合わせをクリック
お問い合わせ
ページの先頭へ